日本毛髪再生研究会HARG治療認定施設 日本医療毛髪再生研究会所属

0120-884-796

相談・WEB予約

Menu

  1. HARG療法専門サイトTOP
  2. HARG療法コラム
  3. 若ハゲかも?と思ったら

Column若ハゲかも?と思ったら

最終更新日:
公開日:

若ハゲかも?と思ったら

何歳までに薄毛症状が出たら若ハゲなのか?

医学的に明確な定義はありませんが、一般的には30歳より前にハゲる人、すなわち10代20代でハゲる人=若ハゲというイメージが浸透しているようです。

若ハゲはけっして少数派ではありません。

30歳より前にAGAを発症する方の割合はAGA患者全体の約30%を占めているのです。

さらにコロナ禍を経て10代20代の若者層の若ハゲは増加傾向にあります。

若ハゲの原因のほとんどが AGA(男性型脱毛症)の発症によるものですが、AGAの発症にはストレスや生活環境が大きく関係しています。

ストレスの蓄積や乱れた生活環境が引き金となり、AGA発症が早まったというケースが十分に考えられます。




若ハゲになる可能性、セルフチェック

若ハゲになりやすい人の特徴は以下のとおりです。
該当項目が多い方は若ハゲになる可能性が高いと言えます。



☑️ 毛髪のボリュームの変化を感じる

毛髪のボリュームが少なくなったと感じる方、または毛髪が細くハリがなくなったと感じる方は、AGA発症の可能性が十分に考えられます。




☑️ 母方の親族に薄毛の人がいる

父親がフサフサだからと安心はできません。母方の祖父や叔父、従兄弟に薄毛の人がいる場合は要注意です。  毛乳頭には、DHTと結びつき成長抑制因子を放出するきっかけとなる受容体(アンドロゲンレセプター)が存在します。受容体とDHTがどれぐらい結びつきやすいかは遺伝的な要素が強く、しかもこの遺伝的情報は母親から受け取るX染色体に存在するため、母からの遺伝子が大きく影響すると考えられています。




☑️ 日常的に過度なストレスを抱えている人

AGAの進行にはストレスが大きく影響します。日常的に過度なストレスを感じると自律神経が乱れ、交感神経を優位にさせるため血行不良となり、頭皮に必要な栄養が届かなくなり薄毛や抜け毛を誘発することになるのです。




☑️ 飲酒や喫煙を好む人

過度な飲酒や喫煙は健康面に悪影響を及ぼし、身体の血行不良を引き起こします。血行不良は健全な毛髪の育成を妨害し、特にタバコは血管収縮を起こすためダイレクトに薄毛を誘発するきっかけになります。




☑️ コンビニ食や外食が多い人

コンビニ食や外食は栄養バランスが悪いばかりか、高カロリー・高脂質な食べ物が多いため身体の血流を悪くし、健康な毛髪の育成を害することになります。








まだ若いからと治療を遅らせないで!

AGAが発症しているにも関わらず、まだ若いからという理由で治療を遅らせないでください。若い方の薄毛の進行スピードは中年で発症した方に比べて早い傾向があるからです。

AGAは年齢を問わず、できるだけ早く対策を始めることが重要です。


自分で行うストレスの緩和や生活習慣の見直しも大変重要ですが、専門クリニックで行うAGA治療は早ければ早いほど効果が出やすいので、治療を迷われている方は1日でも早い受診をおすすめします。







若ハゲかも?気になる方は専門クリニックで頭皮チェック

若ハゲかも?という心配を抱えている方は、ぜひ専門クリニックでの頭皮チェックを体験してください。

当院では患者様の頭皮の状態(硬さ、毛穴の汚れ度合い、乾燥や炎症の有無など)を詳細にチェックし正しい毛髪診断を行い、症状にあった治療計画及び予防計画をご提案いたします。

若ハゲは、早期に正しいアプローチをすることで高確率に改善できます。

初回診察・カウンセリングは無料で行っておりますので、薄毛治療に関する不安やお悩みなどお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから→









記事監修:神戸中央クリニック

HARG+(ハーグプラス)療法について

神戸中央クリニックのオリジナルカクテル使用自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!

HARG+(ハーグプラス)改良コース

より満足のいく発毛を実感してほしい…という想いから生まれた 神戸中央クリニックの「自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!」ハーグ改良コースは、発毛と育毛を同時に行います。

HARGプラス改良コースをみる

神戸中央クリニックの
HARG+(ハーグプラス)療法コラム
column

コラム一覧

Menu

×