日本毛髪再生研究会HARG治療認定施設 日本医療毛髪再生研究会所属

0120-884-796

相談・WEB予約

Menu

  1. HARG療法専門サイトTOP
  2. HARG療法の効果

Therapeutic effectHARG療法の効果

発毛効果

HARG(ハーグ)療法は、幹細胞から抽出した成長因子(サイトカイン)を直接頭皮に与えていく発毛効果のある治療法です。
休止期の毛母細胞へ成長因子を注入することで、成長期へと移行して毛母細胞は活性化されます。

Harg cocktail AAPEHARGカクテルAAPEを使用

HARG療法で使用するカクテルは
毛髪再生に必要な成長因子が多く含まれています。

施術前 成長因子 発毛開始

Condition of the scalpHARGカクテル注入後の頭皮の状態

HARG療法を行なっていない皮膚の状態

  • 2週間後(変化なし)2週間後(変化なし)
  • 3週間後(変化なし)3週間後(変化なし)
  • 4週間後(変化なし)4週間後(変化なし)

HARG療法を行なった皮膚の状態

  • 2週間後(顕著な変化なし)2週間後(顕著な変化なし)
  • 3週間後(皮下組織にて毛母細胞の再生・増殖が認められる)3週間後(皮下組織にて毛母細胞の再生・増殖が認められる)
  • 4週間後(毛母細胞、毛乳頭、毛包からなる毛根が形成されている)4週間後(毛母細胞、毛乳頭、毛包からなる毛根が形成されている)

HARG療法で使用される医薬品「AAPE」は国内では、薬事法上の承認を受けておりません。
※承認を受けていない医薬品について、厚生労働省ホームページに注意点が掲載されておりますので、ご参照ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

【入手経路】治療に用いる医薬品及び機器は医師免許による個人輸入。
【国内の承認医薬品等の有無】現時点では同一成分を有する国内承認医薬品はございません。
【主要な欧米各国における承認・使用状況】米国FDA、韓国KFDAの承認取得済み。

<HARG療法の副作用・リスク>注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が現れる場合があります。

HARG(ハーグ療法)は
約3ヶ月で発毛効果を実感!

HARG療法は約4週間(1か月)間隔で行います。髪が生えてきたと実感できるのは、最初の施術から約3ヶ月目が目安となります。
発毛効果には個人差があり、1回目で効果を感じる方もいらっしゃれば、6回施術後に効果を感じる方もいらっしゃいます。

Treatment report

当院院長もHARG(ハーグ)療法を体験しています!

院長が自ら体験した
HARG療法発毛効果

神戸中央クリック 
院長 馬場 幹治

【施術内容】
HARG療法のみで治療を行い、増加した毛量をAGA薬で育毛、脱毛抑止を行い、現在も毛髪を維持させています。
【副作用(リスク)】
注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が現れる場合があります。
【施術料金 1回】132,000円~253,000円(税込)

「当院院長自ら体験したHARG療法の症例」
その他の症例写真はこちらをご覧ください

神戸中央クリニックのHARG(ハーグ)改良コース

「より満足のいく発毛を実感してほしい」という想いから生まれた

神戸中央クリニックの「自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!」

HARG(ハーグ)改良コースは、HARGの発毛シグナルを発生させる成長因子と、メソカクテルの各種栄養素を同時に注入し、発毛と育毛を同時に行います。

  • 発毛 髪を生やすための成長因子 AAPEカクテル 成長因子
  • 育毛 髪を成長させるための栄養素 育毛メソセラピー

ココがポイント!

通常、 HARGカクテルは生理食塩水で溶かしますが、ハーグ改良コースは育毛メソカクテルでHARGカクテルを溶かし頭皮に直接注入する方法です。
メソカクテルには、銅ペプチド・アミノ酸・ビタミン(B3、B5、B6)ヒアルロン酸・コエンザイムQ10が配合されています。ハーグ改良コースでは、発毛剤であるHARGカクテルと育毛剤のメソカクテルを同時に皮内に注入することで、6ヶ月後の毛髪の太さ、長さに影響を及ぼし、より太い髪を育てることが可能です。

HARG療法について

神戸中央クリニックのオリジナルカクテル使用自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!

HARG(ハーグ)改良コース

より満足のいく発毛を実感してほしい…という想いから生まれた 神戸中央クリニックの「自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!」ハーグ改良コースは、発毛と育毛を同時に行います。

HARG改良コースをみる

Menu

×