日本毛髪再生研究会HARG治療認定施設 日本医療毛髪再生研究会所属

0120-884-796

相談・WEB予約

Menu

  1. HARG療法専門サイトTOP
  2. HARG療法コラム
  3. 紫外線とハゲの関係

Column紫外線とハゲの関係

春から夏にかけては、紫外線量が急激に増加する季節です。

男性の紫外線に対する警戒心は、女性に比べると低い印象があります。

日焼け止めなどを使用している男性は圧倒的に少ないのではないでしょうか。

同じように頭皮に降り注ぐ紫外線に対しても、あまりにも無防備な方がいらっしゃいますが、もし将来的に薄毛を心配されているのであれば、それは今すぐ改めるべきです。

なぜなら、紫外線は髪の毛や頭皮に重いダメージを与え、抜け毛を誘発する原因となり得るからです。

今回は紫外線が髪や頭皮に与える影響について解説します。






紫外線による「光老化」


紫外線による皮膚へのダメージがシミやシワとなって現れる現象を「光老化」と呼びます。

「光老化」は顔だけでなく、頭皮にも起こる現象です。

頭は一番太陽から近く、ダイレクトに紫外線を浴びやすい場所なのですが、髪の毛で覆われているためか、紫外線に対する危機意識は低いようです。

多くの方が何の対策もなく紫外線を浴びているのが現状です。

紫外線ダメージを受け「光老化」によって頭皮環境が悪化すれば、毛穴の炎症・乾燥・フケ・かゆみ・皮脂の過剰分泌など、さまざまな頭皮トラブルが引き起こされます。

また、紫外線UV-A波は、頭皮の真皮までダメージを与える紫外線であるため、毛母細胞や毛包幹細胞に損傷を与え、抜け毛や薄毛の直接的な原因にもなり得ます。

AGAとは、薄毛・禿げの中でも、思春期以降に症状が現れる進行型の脱毛症のことを言います。




髪と頭皮を守る紫外線対策


日常生活の中に髪と頭皮を紫外線から守る対策を取り入れることで、頭皮トラブルや抜け毛・薄毛を予防しましょう。




●帽子や日傘で紫外線カット

「帽子をかぶることで薄毛が進行するのでは?」という相談を受けることが多くあります。“頭皮の蒸れ”を心配されているようですが、長時間の使用を避け、適度な通気や通風を心がけていれば、その心配はありません。
紫外線ダメージから頭皮を守るために、むしろ帽子は積極的にかぶることをおすすめします。帽子や日傘はUVカット機能がついたものがおすすめです。


●頭皮の炎症を冷やして鎮める

強い日差しを長時間浴び続けた頭皮は、軽い火傷状態にあります。炎症がひどくなる前に冷却材を頭部に当てたり、冷たい水でシャワーをするなど、頭皮を冷やし炎症を鎮めることが重要です。


●日焼け後は保湿

うっかり頭皮が日焼けをしてしまった場合は、その後の頭皮ケアで頭皮を乾燥させないことが重要です。市販の育毛剤の中には、頭皮に栄養を与える成分、保湿効果成分、抗炎症作用成分を多く含んだものがあるので常備しておきましょう。日焼けをしてしまった後はすぐに十分な保湿をしましょう。






いかがでしたか。 抜け毛や薄毛のリスクを少しでも減らすために、年間を通した紫外線対策を意識して取り入れてみてください。



当院では医学的根拠に基づいた薄毛治療を行っています。 AGA治療においては「脱毛抑止治療」「育毛治療」「発毛治療」「ホルモンバランス正常化」と総合的薄毛治療をご提供しています。





薄毛でお悩みの方は、ぜひ専門医のいる当院へ一度ご相談ください。

まずは無料カウンセリングでお待ちしております。









記事監修:神戸中央クリニック

HARG療法について

神戸中央クリニックのオリジナルカクテル使用自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!

HARG(ハーグ)改良コース

より満足のいく発毛を実感してほしい…という想いから生まれた 神戸中央クリニックの「自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!」ハーグ改良コースは、発毛と育毛を同時に行います。

HARG改良コースをみる

神戸中央クリニックのHARG療法コラムcolumn

コラム一覧

Menu

×