日本毛髪再生研究会HARG治療認定施設 日本医療毛髪再生研究会所属

0120-884-796

相談・WEB予約

Menu

  1. HARG療法専門サイトTOP
  2. HARG療法コラム
  3. ストレスとハゲ

Columnストレスとハゲ

現代社会を生きる我々にとって、もはやストレスは避けられないもの。

ストレスは健康状態を脅かす万病のもとであり、薄毛や抜け毛の原因になり得るという話も例外ではありません。

特に、短期間で急速に薄毛が進行してしまった場合、ストレスが一要因となっている可能性が考えられます。

では、なぜ強いストレスを感じると人はハゲてしまうのでしょうか。

今回はストレスとハゲの関係について詳しくお話します。




ストレスがハゲを引き起こすメカニズム


ストレスが身体にどう作用することでハゲを引き起こすのか?

そのメカニズムは以下の通りです。


●ストレスはホルモンのバランスを乱す

ストレスが与えるホルモンバランスへの悪影響は、ハゲに直結する大きな要因と考えられます。
過度のストレスはホルモンバランスを乱し、男性ホルモンの過剰分泌を促します。その結果、DHT(ジヒドロテストステロン)という薄毛の原因物質が過剰に分泌され、薄毛を急速に進行させることになるのです。


●ストレスは血流を乱す

自律神経には、人間が生きていく上で欠かせない身体の活動をコントロールする機能があります。
ところがストレスが溜まると、自律神経がバランスを崩し様々な支障をきたすのです。
ストレスによって自律神経が正しく機能しなくなれば、血流のコントロールが乱れ、頭皮に十分な栄養が行き届かなくなります。
その結果、毛髪のサイクルが乱れ、ハゲを引き起こすことに。


●ストレスは睡眠を乱す

過剰なストレスは、大脳を興奮状態にし、睡眠に悪影響を与えます。

なかなか寝付けない
眠っても何度か起きてしまう
寝たはずなのに、寝た気がしない

などという状態は良質な睡眠が取れていない証拠です。

良質な睡眠が取れない状態が続けば、成長ホルモンの分泌が滞り、毛髪サイクルに乱れが生じ、その結果、薄毛・抜け毛を促進してしまうことに。




ストレスは発散・緩和させる!


ただでさえストレス社会と言われている現代。

ましてやこのコロナ禍において、ストレスと無縁の生活を送るのは至難の技です。

ストレスを避けることは出来ませんが、ストレスを溜め込まずに上手に発散したり、緩和させることは可能です。

意識的に生活にストレス対策取り入れることで、ストレスを上手くコントロールすることが課題となります。その方法は人それぞれですが、例えば…

運動で思いきり汗をかく時間や、1日の終わりにシャワーだけでなくゆっくりと湯船に浸かる習慣を持つことで、血流が改善され、脳に酸素が行き届き、脳はストレスを感じにくくなります。

また、これは言わずもがなですが、人間が最もストレスから解放され心がリラックスする瞬間は、好きなことや楽しいことに没頭できる時間です。

どんなに忙しくても、好きなことや楽しいことに費やす時間を作ること、それこそが最大のストレス解消・緩和につながります。




ハゲの悩みがストレスになっていませんか

ストレスとハゲの関係についてお話しましたが、ハゲで悩む多くの人と治療で接してきた経験上思うことは、「誰にも相談できず、ハゲの悩みを抱えていること」これ以上の大きなストレスはないということです。

この悪循環を断ち切るためにも、ぜひ専門家への早めの相談をおすすめします。








当院では医学的根拠に基づいた薄毛治療を行っています。 AGA治療においては「脱毛抑止治療」「育毛治療」「発毛治療」「ホルモンバランス正常化」と総合的薄毛治療をご提供しています。





薄毛でお悩みの方は、ぜひ専門医のいる当院へ一度ご相談ください。

まずは無料カウンセリングでお待ちしております。









記事監修:神戸中央クリニック

HARG療法について

神戸中央クリニックのオリジナルカクテル使用自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!

HARG(ハーグ)改良コース

より満足のいく発毛を実感してほしい…という想いから生まれた 神戸中央クリニックの「自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!」ハーグ改良コースは、発毛と育毛を同時に行います。

HARG改良コースをみる

神戸中央クリニックのHARG療法コラムcolumn

コラム一覧

Menu

×