日本毛髪再生研究会HARG治療認定施設 日本医療毛髪再生研究会所属

0120-884-796

相談・WEB予約

Menu

  1. HARG療法専門サイトTOP
  2. HARG療法コラム
  3. 夏の頭皮を脅かす3大ダメージ

Column夏の頭皮を脅かす3大ダメージ

最終更新日:
公開日:

夏の頭皮を脅かす3大ダメージ

いよいよ夏到来です!真夏の太陽の下、男性の頭皮は危険にさらされていることをご存知ですか?

コロナ禍の規制も少し緩和され、今年こそは海や川、バーベキューなど楽しい野外イベントを満喫したいと思っている方は多いのではないでしょうか。

しかし、こういった野外イベントは、頭皮にとって紫外線ダメージを一気に受ける過酷な経験となりえます。

また夏は野外イベントのみならず、毎日の通勤や外回り、スポーツなどで日常的に浴びる紫外線からも頭皮はダメージを蓄積しています。

何も対策をせずに放っておけば、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。

今回は、頭皮が受ける夏の3つのダメージ紫外線・汗・皮脂についてお話します。




頭皮への「紫外線」を避ける


見過ごしがちですが、一番太陽の光をダイレクトに浴びているのは頭皮です。 それにも関わらず、多くの男性は危機意識が低く、何の対策もなく紫外線を浴びています。

紫外線UV-A波は、頭皮の真皮までダメージを与え頭皮環境を悪化させます。

それにより炎症・乾燥・フケ・かゆみ・皮脂の過剰分泌など、様々な頭皮トラブルが起こる可能性が高くなり、さらには毛母細胞や毛包幹細胞に損傷を与え、抜け毛や薄毛の直接的な原因にもなり得ます。

そのような事態を招かないためにも、頭皮を紫外線から守る対策を取り入れましょう。

てっとり早いのは帽子をかぶることですが、長時間の使用を避け、適度な通気や通風を心がけ蒸れを避けましょう。


最近では男性用の日傘もあるのでビジネスでの外回りで活躍しそうです。

また頭皮には日焼け止めは塗れないと思われがちですが、最近ではUV効果のあるヘアケア用品が売られていますので、うまく活用しましょう。



大量にかく「汗」は放置しないで!

夏場の汗はそのまま放置すると危険です。頭が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、さらには皮脂と混ざり合って毛穴のつまりを引き起こします。

汗をかいたら、こまめにタオルなどで拭き取ること。屋外やスポーツなどで大量に汗をかいてしまったときは、市販のウェットシート(ドライシャンプーシート)などを使用して一時的に頭皮をスッキリとさせることも有効です。



「皮脂」をしっかり洗い落とす

夏場、健やかな頭皮環境を保つためには大量にかいた汗と皮脂汚れをしっかりシャンプーで落とすことが重要です。

効果的なシャンプーのポイントは以下の通り。

髪を濡らす前にブラッシングをします。この一手間で汚れを浮き上がらせることができます。

・シャンプーの原液が地肌に付くと頭皮の乾燥の原因となります。手のひらでよく泡立ててから付けましょう。

・爪で頭皮を傷つけないよう、指の腹でやさしくジグザグに洗います。

・熱くないぬるま湯で(乾燥を防ぐために)すすぎ残しがないように洗い流します。

タオルドライ後、時間を置かずにすぐにドライヤーでしっかり乾かします。(濡れたままだと、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。)



いかがでしたか?

一手間の対策やケアをプラスすることで、真夏でも健康な頭皮と髪をキープすることができます。ぜひ明日からでも取り入れてみてください。



当院ではAGA・薄毛・抜け毛・髪のトータルケアを行っています。

初回診察・カウンセリングは無料で行っておりますので、薄毛治療に関する不安やお悩みなどお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから→









記事監修:神戸中央クリニック

HARG療法について

神戸中央クリニックのオリジナルカクテル使用自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!

HARG(ハーグ)改良コース

より満足のいく発毛を実感してほしい…という想いから生まれた 神戸中央クリニックの「自分の髪を生やして育てる発毛再生治療!」ハーグ改良コースは、発毛と育毛を同時に行います。

HARG改良コースをみる

神戸中央クリニックのHARG療法コラムcolumn

コラム一覧

Menu

×